Googleが提供している無料メールサービス、Gメール。
多くの方」がすでにご利用になっているので、ご存じだと思いますが、

ウィキペディアによると、2012年6月時点での利用者数は、
4億2500万人であり、世界最大のメールサービスだということです。
その後のインターネットビジネスの成長とともに、もっと利用者が増えて
いる可能性はあるでしょう。


私もネットワークビジネス(MLM)始めた時にアカウント作りました。
というのは、すでにhotmailのアカウントを持っていたので、
ビジネス用には別がいいかな~と思ったのと、
グループのメールングリスト(ML)が、Googleグループを利用して
いた
からです。

実際に使ってみると、Googoleドライブに共有ファイルアップしたら、
大きなファイルのやり取りも簡単だし、現状には満足していますが、
ちょっと気になるのが、メール内に表示される広告です。
ということで、調べてみました。これがGSPです。

GSPとは、Gmail Sponsored Promotionsの略です。
今までも「Google AdWords」のディスプレイ広告でGメールに
広告配信できていましたが、それとは別ということになります。
まだβ版ということで、一般ユーザーは利用することができないようです。

Gメール本文の右側の一番上と下の2か所に1つの広告が
表示されているようです。
それをクリックすると、別ウィンドウでその広告サイトが開きます。

つまり、1つのメールで、1回の表示につき1広告のみ。
他社の広告は現れないので、100%の占有が可能ということになります

その他の特徴は

1 htmlとCSSのフォーマットで広告を作成できるため、
  見栄えのするインパクトのある広告が作成可能

2 画像や動画も配信可能

3 ターゲットかなり細かに設定可能
  グーグルユーザーの情報でかなり緻密なターゲティングが
  できそうです。

4 アクセス解析データの把握可能
  クリック広告なので、当然ですね。
  
5 マルチデバイス対応
  iOS、Androidとも対応しているので、スマートフォンでも
  表示されます。
  また、デバイス指定することもできるようです。


このように、効果的な広告配信ができる特徴があるので、
今後一般的に普及する可能性もあるでしょう。

その反面、ユーザー情報がGoogleの広告収益に利用されている
みたいで、ちょっと怖いですね。
無料サービスですから、ユーザーの方も利用するからにはある程度
個人情報を提供することもいたしかたないのでしょう。

あと、ヨーロッパではGoogleの市場独占に風当たりが強くなっています。

つい先日も、以下のようなニュースがありました。
まさか、解体されることはないと思いますが、
今後の動向が気になりますね。

【6月29日 AFP】ドイツのハイコ・マース法務・消費者保護相は、米検索大手グーグル(Google)が市場での支配的な地位を悪用することがあれば、同社を解体させる可能性についても検討すべきだとの見解を示した。

 28日付のドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネに掲載されたインタビューでマース法相は、「市場の95%を占有するエネルギー企業があると想像してほしい。カルテルを取り締まる当局は即座に行動を起こすだろう」と述べた。

 発行前に公開されたインタビュー記事のコピーによるとマース氏は、「市場のそうした状況は良識的でも健全でもない。仮にグーグルが組織的に競合他 社を市場から排除するために自社の支配的な地位を悪用したとすれば、最終的な手段として、解体などを検討すべきだ」と発言した。

 マース氏はデジタル時代はとうの昔に国境や規則を過去のものにしたと指摘し、今必要とされているのは「国際ネットワーク法」だと述べた。

 ドイツでは検索市場で支配的な地位を占めているグーグルへの反感が強い。独メディア大手のアクセル・シュプリンガーなどはすでに、グーグルが支配的な地位を悪用して反競争的な行為をしていると欧州委員会に申し立てを行った。

 一方でマース氏は、自身もグーグルを毎日利用していることを告白。「残念ながら、私も問題の一部になってしまっている」と述べた。(c)AFP



※ 関連記事
有料広告について、「PPC広告」とは?
「コンテンツ連動型広告」「アドセンス」とは?
GDN広告とは?
YDN広告とは?広告表示について
Gメール内に表示される広告、GSPとは?