前回の記事で「PPC広告」についてお伝えしましたが、
有料広告への反響が大きかったので関連した内容をお届けします。


現在、インターネット広告とは、大きく分けて以下の2つです。

バナー広告
ウェブサイトに広告の画像(多くの場合は横長「看板形式」)を貼り、
サイトを訪れた人がそれをクリックすると広告主のサイトにリンクします。
画像の表示回数に対して課金する方法のほか、実際にユーザがクリック
した回数に応じて課金する方法や、広告主のサイトで実際に成約された
件数に対して課金する方法(など、様々な課金方法があります。

キーワード広告
Yahoo!の「オーバチュア」とGoogleの「アドワーズ」が代表事例です。
Google、Yahoo!などで「キーワード検索」の表示結果と同時に、画面の
トップや右に表示される広告です。
PPC広告、あるいはリスティング広告とも呼ばれます。
クリックごとに広告費用が発生するため、費用対効果はバナー広告より
高いと言われています。


その他に、コンテンツ連動型広告もあります。
「コンテンツ連動型広告」とは、
検索結果画面に表示されるPPC広告
(キーワード広告)のしくみを活かし、検索エンジン以外の関連する
サイトにもPPC広告を掲載できます。

例えば、ブログや「教えてgoo」などのウェブサイトやページ中で、
そのコンテンツ(記事)のテーマやキーワードに関連した広告が
自動的に表示されます。
「スポンサーリンク」や「Ads by Googole」といった表示があるのがそれです。

しかしこのコンテンツ連動型広告は、ユーザーは、そのウェブページの
記事を読んでいるので、あまり広告に注意を払いません。
そのため、
バナー広告やキーワード広告に比べて、相対的にクリック率が
低くなります。

しかし、最近、Google AdSenseの登場により、コンテンツ連動型広告が
爆発的に普及してきました。


Googleアドセンスとは、ウェブサイト
の内容に関連のある広告を自動的に
配信し、
サイト運営者に広告収入を支払うサービスで、
Google社がサイト
運営者に対して提供しているサービスの1つです。

サイト運営者側からは、広告タグを自分のサイトに設置するだけで、
コンテンツに合った広告が自動的に表示されるため、アフィリエイトと比べて
広告運営の手間をかけずに潜在客を獲得しやすいというメリットがあります。

また、広告主側からは、関連サイトに広告が貼られることでクリック確率や
成約率が上がることが期待できるし、費用もクリックされた回数分支払えば
いいというメリットがあります。

ネットワークビジネスやMLMは、広告が禁じれられているところもあるので
あまりお役に立たない情報かもしれませんが、製品を直接紹介する通販サイト
運営されているなら使えるでしょう。


※ 関連記事
有料広告について、「PPC広告」とは?
「コンテンツ連動型広告」「アドセンス」とは?
GDN広告とは?
YDN広告とは?広告表示について
Gメール内に表示される広告、GSPとは?