ドイツ在住25年目、結婚も25年というとこで、今年銀婚式です^^


名 前      藤田加恵子(フジタ カエコ)

生年月日    1960年7月13日
          
血液型     A型 (父も母も、妹も弟もA型です)

趣 味     音楽鑑賞、劇場訪問(オペラ、ミュージカル、バレエ、演劇などを地元の
         劇場で)、映画鑑賞、読書(日本語の み)、インターネット、ダイエット
         コーラス(週2回)、ピラティス(週2回)
         ブログ更新
 
好きなもの  美味しいもの、美しいもの、優しいもの、感動を与えるもの

仕 事     午前中は近所のホテルの朝食係のパートが時々。
                     午後は医療関係事務の電話、メール応対。


外見は立派な熟女ですが、内面は日本を出た20代から成長していないと
自分では思っています。

医療関係の家庭に育ち、高校1年夏休みにイギリスに3週間ホームステイ
をし、すっかりヨーロッパファンになりました。

英語はあんまし得意じゃなかったのですが、大学でフランス語を専攻。
これでフランス旅行の準備を整えました(笑)

大学卒業後、私立医大の医局勤務で「白い巨塔」さながらの医療裁判、
教授選、現役ドクターの病死などを経験し、
いわゆる「社会を動かす歯車の仕組み」に嫌気がさしました。
仕事を辞め、ユーレールパスで知り合いが住んでいるドイツの田舎を訪ね、
そこで現在の夫(日本人)と知り合い、いきおいで結婚しました。
その後、ドイツに住んでいます。

ドイツ語は全勉強していなかったので、「外国人のためのドイツ語講座」に通い
日常会話が分かる程度になりました。
仕事を探していた時に、先天性心疾患が発覚して、ドイツで手術。
日本で勤務していたのが、心臓外科の医局だったため語学力がなくても手術の
内容など理解できて助かりました。

その後、友人からアジア食品店の手伝いを頼まれ、パートを始めました。
同じく知人に頼まれ、日本語の個人授業したり、
その後ホテルの朝食係のパート、友人のセカンドハンドショップの店番など・・


ドイツで就職するには、資格が必要です。
ずるずるとパートの仕事をしていて、職業学校へ通う機会を失ってしまいました。
このまま働き続けても、体力の限界がきたら働けなくなるでしょう。
パートでは自分の年金はほとんどありません。

そんな時に、夫が。。。
(詳しいことは、記事をお読みください)

ということで、このビジネスを始めました。
全くの初心者でしたが、色々な方との巡り合いが、私をここまで育ててくれました。
私はこのビジネスに出会えて、本当に感謝しています。