私もネットワークビジネス(MLM)を始めたばかりの頃は、
商品がよければ絶対に売れる!と、愛用者が簡単に増えることを
想定していました。

だって、ネットワークビジネスの基本は、自分が愛用
している製品を知り合いにお勧めすることでしょ?

自分で使用して、その良さを実感しているから、他の人もきっと
一度使ってもらったら、絶対気に入ってもらえる!と思ったんですが。。。

 

でも友人や家族など親しい人ですら見向きもしてくれませんでした。
最初に、ネットワークビジネスと聞くと、それだけで「ネズミ講」
だの「マルチ」だのと、うさんくさく見られてしまうのです。
だから、商品を試す段階までたどり着けないというのは、誤算でした。

ですから、ビジネスのド素人が商品から入ったら、失敗するというのは
残念ながら、事実です。
もしかしたら、有能な営業マンなら、できるかもしれませんね。

でも、たとえ、有能な営業マンが100人の人に商品を購入してもらえることに
成功したとしても、その100人の人が愛用者としてずっとその商品を購入し
続けてくれるかというのは疑問です。

同じように、その100人の方もビジネスメンバーを募集していかないと、
商品の流通網は伸びませんね。

 

ネットワークビジネスとは、マルチ・レベル・マーケティングです。
各々のディストリビューターが商品の流通組織を作ります。

だから、組織を構築するためには、ビジネス志向の方を集める、
"集客"を第一に考え、商品はビジネスの資本となる商材
としてとらえなければいなけい、ということを最初に学びました。

そのために、マーケティングについて勉強しています。

 

インターネットを使っても、相手は"人間"です。
どんなに見た目が素晴らしいホームページを作っても、
人の心を捉えるのは、小手先のテクニックだけではありません。

商品が勝手に売れるのではなく、
買っていただく方法を頭に汗かいて一生懸命考えないといけません。

どんな商品でも、売り手の努力なしでは売れることありません。
その方法をマニュアル化して、多くの人が同様にできるようになることが
このビジネスの目標です。

ネットワークビジネス(MLM)で成功しようと思ったら、商品をるることより
ビジネスメンバーの募集の仕方を学ぶことが大切です。