ネットワークビジネス(MLM)に限らず、この「早いもの勝ち」の
心理を利用したビジネスって、他にも色々ありますね。

今なら、先着●名さまにつき、●●の特典!

 期間限定!●月●日、●時までにお申込みいただくと
●●円引きになります!

私もこういう文句に乗せらせやすい性格なので、あまり偉そうなこと
言えませんが。。

結論から先に述べますと、ネットワークビジネスはねずみ講とは違います。
自分から始まる組織網を作ることで、そこからの報酬が自分に入ります。
つまり、常に自分がその組織網のトップということですね。

なので、先に始めようが後から始めようが、関係ない。
報酬額は自分の努力次第です。


とはいって、同じ会社のディストリビューターが周囲に増えてきたら、
自分がお勧めする人がいなくなってしまう。と焦る気持ちも分かります。

中には、「ネットワークビジネスはもう飽和状態だから、今から始めても無理
とお考えの方もいます。


確かに、日本のディストリビューターの数はここ数年ほとんど変わっていません。
これは、一人のディストリビューターが色々なネットワークビジネスの会社を渡り
歩いているのが、複数の会社を掛け持ちしているか、
辞める人もいるけど、それど同じぐらいの人が新規参加しているということに
なります。

どうして、こういう現象が起きるのか、考えてみましょう。

もし、1つのネットワークビジネスで成功することができるのなら、その会社に
多くの人が集まり、その人達が全員成功することになるのでしょうか?

残念ながら、どんなにいい会社でも参加した人が全て成功者になってはいません。
挫折する人がでて、他の会社に移ったり、辞めてしまう人もいます。

これはディストリビューターが個人事業主ということで、個人の努力なしでは成功
できない仕組みになっているからです。

誰でも、入会しただけで成功できるとはは限りません。
また、世の中に努力なしで成功できるビジネスもありません。

ネットワークビジネス(MLM)はコピービジネスと言われています。
成功しているアップの真似をしたら、効率よく成功できるはずですが、
完全なコピー人間は存在しませんので、
いくら一生懸命真似をしても、同じようには成功できないのです。

また、いくら過去に大成功したアップがいても、その真似をしても、
時代は変わっています。
10年前の資料、いや、2~3年前の資料だって、もうお古です。
そんな古い資料をにいつまでも頼っているようではダメですね。

では、どうしたら確実に成功できるのでしょうか?

ここで、私がいつもパートナーさんにお伝えしているのは、
自分から始まるオリジナルのサポートを考える

つまり、いつまでもアップに頼らず、自分でサポートできるようになることです。

人それぞれ得意不得意ありますから、もしかしたら、あなたのアップは
自分の得意なことであなたのサポートしているのかもしれません。
同じことを真似しても、あなたにはそれが苦手なことかもしれません。

なので、早く自分の得意な分野を見つけて
自分に合ったサポート方法」を見つけましょう。

そして、時代の流れを読んで、新しいことに挑戦することも大切です。
ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、
本当に成功したいなら、アップを捨てること

これも、現在でも第一線で活動しているアップラインの方から習いました。

 

早く参加しようが、成功しているアップの元から参加しようが、
最終的に実行するのは、あなた自身です。
自分の頑張りが正当に評価されて、報酬となるビジネス、
素晴らしいと思いませんか?