インターネットでの資料のやり取りでは、PDFファイルを使うことがほとんどです。
資料を受け取る方のPCに、ワードやエクセルなどインストールされていない
場合でも、PDFファイルだと無料のアドビシステムズ社製の「Adobe Reader」
をインストールしたら閲覧できるという便利さがあるからです。

※ PDFファイルとは、Portable Document Format
(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称PDF) は、
アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関する
ファイルフォーマットです。1993年に発売されたAdobe Acrobatで
採用されました。

特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で
文章や画像等を閲覧できる特性を持っており、
2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1
標準化されています。

ほとんどのメーカー製パソコンにはあらかじめインストールされていますが、
インストールされていない場合は、アドビシステムズ社からダウンロード
できます。ダウンロードは無料です。

また、ワード、エクセルやパワーポイントなどで作った文書ファイルなどを
PDF形式に変換することができる無料ソフトもあります。
私のお勧めはこちら

PrimoPDF 日本語版


他にも、「PDF変換 無料ソフト」で検索したら、いろいろ見つかります。


Windows Office 2007 までは、他のソフトを用意したり専用のソフトを
インストールする必要がありましたが、Office 2010 では、ワード、エクセル、
パワーポイント、ワンノートのすべてで文書を PDF 形式で保存できるように
なりました。

変換の仕方は簡単です。

1 左上の 「ファイル」をクリックして、「名前を付けて保存」をクリックします。
2 「名前を付けて保存」の窓が開きます。
3 「ファイルの種類」の後ろ▼をクリックして、PDF (*.pdf)を選びます。
4  「保存」 をクリックしたら終了です。 

PDF変換.jpg


ご参考になれば幸いです。



このサイトのからダウンロードいただける無料レポート、PDFファイルです。 

無料レポートは2つご用意していますので、お気軽にダウンロードしてください。

ネットワークビジネス成功プログラム   【初心者編】
  
これであなたも成功できる 心のメカニズム編