先日、記事を間違って削除してしまいました。。。
数日、高熱で寝ていたので、どうもまだ頭がぼーっとしていたようです。
記事のバクアップも取っていないし、いや~焦りました。

こういう時、キャッシュが残っている場合、そこからコピーします。

1 Google検索で、削除した記事を表示させます。
  記事タイトルやサイトタイトルで探すと早いでしょう。

2 記事を見つけたら、▼を開いて、キャッシュをクリック

キャッシュ.jpg3 記事を表示させて、コピペで記事を復活させます。

記事のキャッシュ.jpgということで、無事、記事復活させることができました。

キャッシュは本来、削除されたページを表示するためにあるのではなく、
あくまで現存するページを対象に、検索結果を瞬時に表示させるために
作成されているものです。

なので、該当URLに記事が存在しないことに
検索エンジンが気付けば、
その時点で?キャッシュも削除されます。

今回のように、自分のミスで記事を削除したことにすぐに気がついた場合は、
まだキャッシュが残っている可能性高いですが、いつまでも残っているとは
限りませんから、本来なら、やはり記事のバックアップは取っておくことを
お勧めします。


と、書いているこの記事も直接ブログに打ち込んでいるので、バックアップ
取ることって、ほとんどないんですよね。

慣れると簡単に記事書けるようになりますが、慢心もよくないですね。

ネットワークビジネスをインターネットで展開するということは、ネットビジネスと
同じように記事を書く事が大切です。
思いついたら、PC開いて、下書きでいいから書いておきます。
後から時間がある時にじっくり記事を書きます。

私の場合、いつも一日の終わり、寝る前になるので、誤字打ち間違えも多いです。