インターネットを利用してビジネスを始めるために、まず用意するのは、
母体となるホームへージ、私たちの活動でも同様です。

お客様に、自分のお店、すなわち、ホームへージを訪問していただくこと
からビジネスが始まるのはリアルな店舗と同様ですね。

このホームページを開店するのに必要なのがドメインです。


ドメインとは、インターネット上の「住所」にあたります。
もともとはIPアドレスと呼ばれる数字だけの羅列でしたが、
人が覚えにくく 間違えやすいということで、IPアドレスの代わりに、
任意の「名前」を使う方法としてドメインが考案されました。

ドメインの登録者はドメインを所有するのではなく、
一定期間使用する権利を持っているという考えが一般的です。


さて、そのドメインについて、よく聞くのが独自ドメインです。

例えば、「Yahoo!JAPAN」の場合、http://www.yahoo.co.jpの 
yahoo.co.jp の部分を独自ドメインといいます。
この「yahoo」の部分は、取得者の方が好きに決められます。
一般的には、お店の名前、商品名など覚えやすいのものが多いです。
(ただし、ドメインは世界に1つしかないので早いもの勝ちです)

ちなみに、このサイトの場合は、
mlm-seminar.net という独自ドメインを私が選びました。
net の部分をcom  jp  などにしてもよかたのですが、インターネット
意識して、net を選びました。


私達は、ネットワークビジネスのサイトを作るのに、独自ドメイン
をお薦めしています。


★ 独自ドメインの長所

① まず第一に『信用』が得られやすい。
無料のホームページのドメインと有料の独自ドメインでは、
運営者の取り組む姿勢が判断されるでしょう。

② 独自ドメインの方がSEO的にも有利だと言われています。
プロバイダーなどの名前が入っているアドレスよりも、
タイトルに合った、もしくは、サイトの内容に合った独自ドメインの
が覚えやすくてインパクトもあります。

③  URLやメールアドレスが変わらない。
プロバイダ変更、レンタルサーバー変更などを行っても
独自ドメインさえ保持し続ければ、URLが変わりません。
 また、メールアドレスも変わりません。
長くサイトを運営することで信頼が得られますから、
同じURLとメールアドレスを使い続けることも大切です。


★ 独自ドメインの種類

大きく分けて以下の3つがあります。

① 「新規ドメイン」
好きな英数字の組み合わせで新しく作られたドメイン

②「中古ドメイン」
以前に誰かが使用していたドメイン。

③「日本語ドメイン」
英数字の代わりに日本語を使って作られドメイン。


それぞれ特徴がありますが、どれが一番SEO的にいいか
難しいところです。

複数のサイト運営で、それぞれ使い分けるのもいいかもしれませんね。