インターネットを使ってのビジネスで重要なことをお伝えしています。
自分のPCに鍵をかけて、外部から怪しいデータの侵入を防ぎ、
また自分のPC内のデータを守る必要があります。

前回、PCのセキュリティ対策に3つの方法があることをご説明しました。

1 ウイルス対策
2 ファイアウォール
3 Windows Update

この中で、ファイアウォールとWindows Updateの機能は、
メーカーから購入したPCの場合、最初から備えています。
ですから、残りの1つである「ウイルス対策」を自分ですればいいのです。

ウイルス対策には、専用のソフト(アンチウイルスソフト)
をPCにインストールします。

現在、新種のマルウェアが秒単位で出現しているそうです。
それらに対応するために、市販のウイルス対策ソフトはデータを更新する
ために、毎年更新費用が必要となります。  

しかし、無料で利用できる高品質のウイルス対策ソフトもあります。
世界3大無料ウイルス対策ソフトのご紹介です。

アバスト! 無料アンチウイルス

チェコで開発されている海外製のアンチウイルスソフト。
インターネット、メールの送受信やファイル実行やコピーなど、
ウイルスの侵入、感染を監視するリアルタイム シールド機能を備えている。
異常があった場合にウイルス警報メールを送信したり、
オンラインゲームを妨げないサイレントモード、パス ワードによる保護など
の機能を備えている。
30日以上使用する場合には、無料登録が必要。


AVG アンチウイルス

こちらもチェコで開発されているアンチウイルスソフトです。
クラウド技術を取り入れたスパイウェアにも対応。
ダウンロードファイルなどをバックグラウンドでスキャンする
「常駐シール ド」、送受信するメールをスキャンする「メールスキャナ」
アイドル時間中にスキャンを行う「スマートスキャン」、リアルタイムで
Webページをチェック する「リンクスキャナ」、自動的にリンクの安全性
スキャンを行う「ソーシャルネットワーキング保護」などの機能を
備えている。
 

Avira Antivirus

傘のロゴで有名なドイツ産の無料アンチウイルス。
ファイルやフォルダを右クリックしてウイルススキャンを行ったり、
圧縮ファイルの中のウィルスの検知もで きる。
スケジュール機能を使えばウィルスチェックを自動で実行する機能が
ある。常駐監視してくれるので、ウイルスに感染しているファイルの
ダウン ロードや実行を監視、駆除できる。


私はAVGを使っています。
ドイツでは、やはりAviraが多いようです。

さらに、マイクロソフト社が提供してりう無料のウイルス対策ソフト
もあります。

Microsoft Security Essentials


いずれにしても、セキュリティ対策ソフトをPCにインストールしておけば
安全というわけではありません。
次々と登場する新しいウイルスに対処できるように、更新プログラムを
アップデートする必要があります。