ネットワークビジネス(MLM)を始めるきっかけや理由は
人それぞれ違うと思いますが、
主婦の場合、夫の収入に頼らずに経済的な自由を望む方
も多いでしょう。

自宅で、子育てしながら、あるいは、介護しながらでも、
インターネットだったら、活動できます。
このビジネスの大きなチャンスを、より多くの人と
分かち合えれば幸いです。


私も日本では週5日と半日働いていたので、
自分で自由になるお金を稼ぐ喜びを知っています。

結婚後、ドイツで暮らし始めましたが、最初の数年は言葉もほとんど
話せない状況なので、仕事もできないと思い、探そうという気さえ
起こりませんでした。

週2回、外国人向けの語学講座に通っていましたが、
私同様にほとんどドイツ語が話せないのに、掃除人といて働いている
女性がいるのを知り、驚くとともに感心もしました。
どんな仕事でも自分で働いたお金は尊いものだと思います。


経済的に自立していないと、
精神的にも「自立できない」という負い目も感じますね。
もちろん、家事だって、子育てだって、介護だって、
立派な仕事です。
ただ、お給料をもらっていないという違いです。
お給料がもらえないと、年金や社会保障もないという
将来の不安もでてきます。


父に隠し子がいることを、当時ドイツの知人宅に滞在していた私は、
突然母からの手紙で知らされました。
大学病院の医局に勤めていたので、なんとなくそういうこともあるかな、
と予想はしていましたが、まさか隠し子までいるとは・・・

父への反発もあり、ドイツに住むために当時知り合った夫と結婚を
決意しました。
実はその前に、日本の開業医とのお見合いの話もあったのですが、
ヨーロッパに住むことが高校時代からの夢でもあったので、
正直言って、相手は誰でもよかったかも(笑)
とりあえずヨーロッパに住めることで有頂天になっていました。


しかし現実は甘くありませんでした。
お金なんて、生活できる程度あれば大丈夫と思っていましたが
毎月の生活費ももらえず、私が自由になるお金は全くなし。
給料は飲み代にほどんど消えるので貯金もなしで、
余裕のある生活とはいえませんでした。

それに加えてDVですから、
なんですぐに離婚しなかったと言われそうですが、
家出同然で結婚式も挙げずに日本をでてきたので、
簡単には実家に帰れないという意地もありました。
まして、実家の母には心配かけるから言えませんでした。

周りの日本人は、外面のいい夫の裏の顔は知りませんし、
後から来た私の言うことより夫の方を信じるでしょう。
それ以前に、他人に知られることの方が恥ずかしいと感じていました。


Oさんの事情は違うかもしれませんが、
4人のお子さんと2つのパートに加えて、このネットワークビジネスを
始めたのには、相当な決意があると感じました。

彼女だったら、やり遂げるに違いない!
彼女についていけば、私もきっとやり遂げられる。

そう信じてネットワークビジネス(MLM)を続ける決意が、
さらに強く固まりました。


その後Oさんが家を出られて、
グループのMLでもDVのことをカミングアウトされたので、
私もパートナーさんにOさんの本気度を説明するために
DVのこともお話しています。

特に男性パートナーさんには、お話しています。
なぜなら、男性には本当にこの痛みが分からないと思いますし
万が一DVするような方がいたら、このビジネスは向いていないと
暗にお伝えしたいからです。

もちろん人は変わることができます。
夫も変わりました。
これは、もしかしたら私が変わったからかもしれません。

以前の私は経済的、ドイツ語のことも含めて夫に依存しっぱなしでした。
対等な立場で話せなかったし、いつもビクビクしていました。
犬と一緒で怖がっているから吠えられていたのかもしれません。

今は私がPCに向かって仕事していると、コーヒーもってきたり、
お菓子もってきたりと構いたい方になっています(笑)

いつだって、私も家を出ることができる。
ネットワークビジネス(MLM)とOさんから、私も自信を得ました。


※ Oさんには、私が知っている範囲でしか書きませんが、
   自由に書いていいと許可いただいています。
   不快に感じる方はスルーしてください。