前回の質問が多いゲストさんとは、いまでもコンタクトを取っています。
ネットワークビジネス(MLM)の経験者であり、深い知識と冷静な判断
が魅力なので時々ご意見伺っています。


もちろん、アップラインにもメールやスカイプで相談していますが、
第三者の目からみた意見というのも、時には必要だと思います。
同じ会社、同じグループだとどうしても身内意識で判断が甘くなりますね。

とはいえ、私のアップラインはタイトル獲得者が揃っていますし、
結構厳しい意見をスバスバ言ってくださいます。
こうやって親身になって鍛えていただくことは、ほんとにありがたい事
です。(私はM体質なので、慣れると快感になります^^)


このように、経験者、成功者の意見を直接きかせていただくことは、
貴重な体験です。
口コミ活動のようなセミナーやミーティングがなくても、
インターネットを使った活動では、自分から多くの人と積極的にコンタクト
取る事ができます。

私たちの活動はインターネットを使っているため、直接お会いしてお話聞く
代わりにメールで離れたところに住んでいる人とも、お互いの時間を気にすることなく
迅速に連絡とることが可能なので、もっともっと多くの人の話を聞くチャンスもあります。

これはなにもネットワークビジネスに関してだけではない、全てのことに
共通することだと思います。


 三流は人の話を聞かない。
二流は人の話を聞く。
一流は人の話を聞いて実行する。
超一流は人の話を聞いて工夫する。


                    羽生善治(1970年 - )将棋棋士


だから、人の話を素直に聞く事ができる人
さらに、その話を実行できる人
もっと、工夫していくことができる人

になれるよう、自分を変えていくことが成功への近道です。

多くの成功者は聞き上手というのも、ここからきているのでしょう。

誰かが教えてくれるのを待っているだけでは、チャンスは訪れません。
自分からコンタクトを取って、人の話を聞く、聞かせていただくことで
自分を成長
させていきましょう。


ネットワークビジネスは人との繋がりで、自分を成長させるビジネスです。
入会した頃には、このビジネスの本当の意味が分かっていなかったの
ですが、自分にパートナー(ダウン)さんができて、アップになることでく、
また学ぶこともあります。

パートナーさんが増えてくると、一人一人に対応する時間も限られてきます。
いままでのように、スカイプで長時間サポートしたり、チャットのようにメール
のやり取りを何度も続けることできなくなります。

こういうことは、自分がアップになって多くの方をサポートするようにならない
と気がつかないことかもしれません。

いままで、アップになんでも尋ねていた、相談していた立場から、
今度は自分が、質問される立場、判断を任される立場になります。
ネットワークビジネ(MLM)が自分一人のビジネスでないということが、
だんだんと実感し、理解でき始めた気がしてきました。