ネットワークビジネスを始めたからには、成功したい!
という想いは皆同じです。

1つの会社で、うまく行かなかったから、次の会社へ移る人がいるのも、
少しでも早く成功したいという想いが強く、焦りがでてくるからでしょう。


その中で
製品が気に入っているので、できたら同じ会社で続けたい。

でも、現在のグループの雰囲気やアップとは、
なんだか考え方にズレがあるみたい

と、感じて同じ会社でも違うグループへ移りたいという人もいるでしょう。

私達のグループの方たち、私も個人的に、そういうお問い合わせ
いただくこともあります。

入会前は、数人の方から頻繁にメールいただいていましたが、
入会後にはピタッとそのメールがなくなって、
なんだか寂しい思いをしました。


この場合、入会前と入会後で、グループや直アップの対応が違う
という違和感から不安になりますね。


特に、インターネットだけで活動している場合、
通常のコンタクトはメールだけのやり取りになります。
実際に会ったこともないまま、一緒にビジネスするのですから、
事前に何度もメールのやり取りをして、

本当に信頼出来るビジネスなのか、
直接サポートしてくれる人が、どんな人物なのか、
自分なりに納得してから
入会を決めるでしょう。

それでも、入会後に初めて分かることもあります。

と言いますのは、
ネットワークビジネスの場合、会社が用意している資料以外に
グループによって、サポート資料など独自のものがあります。
これが、どのグループ、どのアップを選ぶかの重要な要素になります。

しかし、ご入会前に全てのサポート内容をお伝えしては、
独自の資料、サポートの意味がありません。
この一番大切な部分がはっきりしないことで
ご入会後に不満を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。


また、同じ会社でグループを移る場合、
前のグループで使っていた資料を、引き続き使う、
また、新しく入会したグループへ
情報を提供する、
もしくは、自分の資料として引き続き利用する、というのは、
ルール違反ではないかと個人的には思っています。

もちろん、これは個人のモラルの問題ですから、
特別は規則などありませんが、
自分がアップになり、その資料を自分のダウンさんに配布して
後から、その資料は他のグループの資料だということが分かったら
そのダウンさんからの信頼は失いますね。



さて、前置きが長くなりましたが、
本題の同じグループ内でのアップ変え、ライン変えの希望です。

これも、グループが大きくなってくると、各リーダー、ラインによって、
独自のサポート資料などが開発され、蓄積されていきます。
元々は同じグループですが、
アップから引き継いだ資料に改良を重ねたり、

もしくは、全く新しいサポートプログラムを開発したりする人も
出てくるからです。


ですから、同じグループでも、ラインによって、直アップによって、
サポート内容が違うことは不思議ではありません。
むしろ成長しているグループだという証拠でもあります。


このビジネスでは、入会後直アップからのビジネス準備の
サポートが始まります。

このサポートは、ある程度グループの資料に基いていますから、
特に大差は感じないと思います。

差があるとしたら、受け取る側かもしれません。
例えば、PCを使う作業が多いので、
PCに慣れている方と慣れていない方では、
作業時間も理解度も違ってきます。
もちろん初心者でもわかりやすい資料ですが、
スタート時点でこのような差がつくのは仕方ないことです。

また、全てのアップがPCの専門家ではありません。
私だって、全くの素人です。
それでも、グループのサポートで自分のHP作ることができるように
なりましたし、ある程度、人にも教えられるようになりました。
これは、誰でも努力すればできるようになることでしょう。

直アップがPCにあんまり詳しくない方でも、
グループのメーリングリストなど利用して詳しい人に質問することも
できるので、心配はありません。
もしくは、直アップの上、アップラインに直接メールして尋ねることも
できます。
「私が直アップなのに、私を抜かした~」なんて怒りませんから^^


それでも、自分がなかなかうまくいかないのは、アップのせい。
もしくは、せっかく入会者がでたのに、すぐに辞められるのは、
アップのせい。
と、アップ変えを希望してくる人もいます。

これは、いままで直アップ、そのアップラインから受け取った資料や
サポートを他のラインへ持っていくことになります。
こんなことをしたら、自分から始まるネットワークの意味がなくなります。
はっきり言って、アップへの背徳行為です。
特に同じグループで活動していくのですから、その後の活動も
やりにくくなるでしょう。
だから、ライン変えは許されるべきではありません。


中には、直アップが病気や個人的事情でビジネス活動を辞めてしまい、
全くサポートしてくれないのに、報酬だけもらっていることに不満を感じる
人もいます。

この場合、自分の紹介者(スポンサー)である直アップからのサポートが
なくなっても、アップラインが代わりにサポートしてくれます。
そのサポートしてくれているアップラインの人に自分の報酬がいかないと
申し訳ないという気持ちになるもの無理ないでしょう。

しかし、これがネットワークビジネスの仕組みなのです。
自分から始まるネットワーク(流通網)に意識を集中して、
ビジネス活動していないアップのことは忘れてください。

あなたのビジネスはアップのためにやっているのではありません。
自分のため、あなたのダウンさんのためのビジネスです。