ネットワークビジネスでは、直アップが新規に入会された方に
ビジネスの仕方をお伝えします。

副業として取り組んでいる方が多いので、直アップ一人では
すぐにメール対応できないこともあります。
何か分からないことがあった時に、直アップにメールして、
すぐに返事が欲しいのにしばらく待っても返事が来ない・・・
という場合、その上のアップにメールしたり、グループのML
(メーリングリスト)に投稿することも可能です。

このシステムがあるから、私もMLM初心者でも安心だと思い
入会しました。そして、同様に多くの方もご入会いただいています。

私も入会した当初はかなりグループのMLにお世話になりました。
MLに投稿する前に直アップに尋ねて解決する問題がほとんどですが、
多くの人の意見を聞きたい時、メンバーと情報を共有した方がいい内容
などは直アップにメールするよりMLを利用します。

投稿すると、時差があるにも関わらず、日本在住のアップたちや、PCに
詳しいメンバー、本業での経験を提供してくれるメンバーからもたくさん
アドバイスいただいています。

ご入会後、まったくMLに投稿しない人もいますが、やはり積極的に
投稿する人の方がビジネスにも積極的に取り組んでいるようです。
中には、すでにMLで投稿された内容を何度も尋ねる方もいらっしゃ
います。確かに、自分で膨大な過去ログを検索するより、尋ねた方が
容易に答えが返ってきますね。

しかし、いつもいつも誰かに頼ってばかりではいつまで経っても
自分でビジネスの仕方を覚えることができませんね。


私たちはネットを利用してビジネスしています。
誰かにメールする時間、同じ手間でネット検索することもできます。
その方が自分で調べるので記憶に残りますし、答えだって返事を
待つより早く得られるでしょう。

パートナーさんの中で、ご自分で色々と検索して時間はかかるけど
頑張って試行錯誤されている方の方が、その後ご自分にダウンさんが
できた時も責任もってサポートされます。

ビジネスを自ら学ぶ姿勢があるかないか、
それがこのビジネスで成功できるかどうかの決め手になります。


ネットワークビジネス(MLM)は個人事業です。
いつまでもアップに丸投げ~では、自分でパートナーさんにビジネスの
仕方をお伝えすることができません。

「グループのマニュアルがあるから、それを利用するだけでいい」
「分からないことは、なんでもすぐにアップに訊けばいい」

というのは、入会してまだビジネスの仕方が分からない時期のことです。
一通りビジネスの仕方を習い、パートナーさんができたらアップとして
自覚と自信をもって取り組んでいただきます。

もちろん、最初はアップがあなたと一緒に新規入会者のフォローを
しますから、そこで習うことが充分できます。
と、私のグループでは複数のアップラインが協力して入会者フォロー
を行っています。


「魚と捕り方を教える」のが、サポートで、
「魚を与える」のは、ヘルプです。

これが頭では分かっていても、実際に魚を与える、例えば、でき上った
資料をお渡しする方が、アップも細かく教える必要ないので簡単だし、
ダウンさんも喜びます。

ホームページを自分で作成するって、慣れている人には簡単かもしれ
ませんが、PC初心者では説明の用語も意味が分からないことあります。

以前、直アップとリーダースカイプミーティングした時にも、なかなかHP
の導入ができない方へはどうしたらいいか~という質問がでていました。
直アップが作業を代行するという案もありましたが、、
私のグループのリーダーさんはすぐに
「それでは魚を与えることになります!」
と異議を唱えました。

私たちのグループでは、HP導入に関しては、直アップができるまで面倒
見て、スカイプで画面共有しても最終的にはご自分で作業していただくこと
を前提としています。
資料も初心者の方に分かりやすいように、グループの資料を改訂したり、
動画マニュアルも用意しているので、最近はほとんどの方がスカイプなし
でもできるようになりました。

ですから、今までも今後も作業を代行することはないでしょう。
また、苦労して一人でHPができたら、それも1つの自信になります。
いままで未経験だったことができるようになる喜びを覚えたら、次の段階
にも前向きに取り組むことができます。
このビジネスで、自分を成長されることも学ぶことができます。

パ-ナーさんが、一人でビジネスできるようにお手伝いするのが
ネットワークビジネス(MLM)のアップの本当の仕事です。