私たちのグループは、インターネットを利用してネットワーク
ビジネスをしています。このビジネスのメリットはインターネット
ができる環境であれば
どこでも、いつでも、たとえ入院中できることです。

実は、先日右足骨折し、手術しました。
昨年夏はペースメーカー埋め込みで入院したので、
2年連続、手術入院したことになります。
普段、自分は健康だと思っていても不慮の事故で
怪我することもありますよね。

昨年は左手の薬指と小指の骨折だったので、外出など
できましたが、足の骨折はほんとに不自由ですね。
今まで友人知人で足の骨折している人を見てきましたが、
ギプスで両手で杖をついて歩くことの体力消耗や不便さ
自分で経験するまでは、分かりませんでした。

両手がふさがっているので、何も持てないし、外出する
には、2階から階段を下りないといけません。
ドイツの古い家なので、エレベーターなんてついていません。
杖1本と手すりで一段づつ階段の上り下りするのは、
すごく体力消耗するし、万が一、転んで怪我でもしたら
大変なので、医者に行く以外はが外出控えていました。

幸い、ギプス生活は2週間で終わり、その後2週間は専用の
ひざ下まであるスキー靴のようなブーツになったので、
杖1本で踵をつけて歩けるようになったので、助かりました。

もちろん、入院中、自宅療養中でも、インターネットなら
ビジネス活動続けることできます。

ホテルの朝食係のパートも、今は辞めていますが、体を使う
仕事だったら、足骨折したら、仕事できませんね。
このビジネスを選んで、本当によかったと思います。


さて、私がこのビジネスを始めた当初、2010年春には、
無料資料は郵送でお届けしていていました。

日本国内だと宅配便で安く届けられましたが、
ドイツ在住の私は日本在住の直アップから国際宅急便
で資料送ってもらい、料金もかかって申し訳ないと思い
ました。

日本国内の資料発送についても、直アップが実費だけで
代行してくれるというお言葉に甘え、お願いしていました。

だんだん自分のグループができてきたので、資料発送は
私の元からご参加いただいたパートナーさんに代行して
もらうようになりました。

が、同時に、せっかくインターネットを利用してビジネス展開
しているのに、資料をメールに添付したり、ダウンロードリンク
をお知らせしてお届けすることできないのだろうか?と疑問も
ありました。

この疑問については、アップラインの方から、ダウンロード版
では成約率が悪い、ということと、個人情報が含まれている
ので安易に資料をばらまかない方がいいとアドバイスも
いただきました。

そこで、最初は添付ファイルで資料をお届けすることも考えた
のですが、容量が大きいと受け取れない場合もあり、数回に
分けてお届けするなど、手間がかかります。
外出中などネット回線が遅いと時間もかかるし、、、
ということで、サーバーに資料をアップロードしてそのURLを
お伝えする現在の方法にたどり着きました。

海外在住のパートナーさんも増え、今ではほとんどのパートナー
さんはこの方法で無料資料をお届けしています。

自分が入院中、旅行中でも、この方法だったら、問題なく資料
をお届けすることできますね。

以前は、無料資料を郵送資料をご希望になる方には、
日本在住のパートナーさんに郵送代行していただき、
ご入会いただいた場合はパートナーさんの下についていただき、
私も一緒にサポートするという方法をとっていました。

数年前からメール便が廃止され送料が高くなったので、
郵送資料ご希望の方には、
「資料は無料ですが、送料は実費をいただきます」
とお伝えして郵送資料を届けていたこともあります。

有料でも資料が欲しいという方は、本気度が高いと思われますが、
DL版と比較しても、成約率が高いということもなかったので、
資料を郵送するメリットがないと判断しました。

それよりも、すぐにお届けできるし、
プリントアウトする手間や時間もかからないし、
メリットの方があります。

実際にビジネス活動する上で、資料がPC内、ネット上に
アップされている方が外出先からでも資料の確認できるし
便利ですよね。

緊急の場合でも、外出先、入院中でも対応できます。

これらの理由から、無料資料のお届けは、DL版のみ
で対応させていただいています。

どうぞご理解のほど、よろしくお願いいたします。