インターネットのサービスを利用する場合、忘れてはならないのが
セキュリティ対策です。
 
コンピューターウイルスに感染したり、個人情報の流出、
詐欺の被害など、 さまざまな危険にさらされることがあります。

特にビジネスとしてインターネットを使う場合は、
セキュリティ対策をきちんとしておく必要があります。



まずは、その代表的な危険をあげてみます。


1 マルウェア

ウイルスやワームなど悪意のあるプログラム。
これらを総称してマルウェアと呼びます。

PCがウイルスに感染すると、利用者の予期しない動作
を知らないうちに示します。
たとえば、アドレス帳の情報を盗み出してウイルス付き
メールを知人にばらまいたり、
個人情報を抜き取られたりすることなど・・・  

これらのプログラムはメールの添付ファイル、ダウンロードした
ソフトウェア、ウェブサイト、USBメモリなど、さまざまな経路から
PCに侵入する危険性があります。  


2 フィッシング詐欺

有名企業などの名前で利用者にメールが送信され、
メールには偽のサイトに誘導するURLを記載されていて、
巧みに、氏名やクレジットカード番号などを入力させるという詐欺です。


3 不正アクセス

犯罪者が他人のパソコンにアクセスし、内部の情報を盗み出したり、
マルウェアを仕掛けていったりすることです。
時には、知らないうちに「加害者」になってしまう恐れもあります。

たとえば、サイバー攻撃(サイバーテロ)では、個人のパソコンを
踏み台にして、企業の営業妨害や情報詐取に使われてしまうケース
も報告されています。


以上のような危険にされされないためにも、セキュリティ対策ソフトを
PCを購入したら導入しましょう。

高性能な無料ソフトもありますので、前述のようにセキュリティ対策を
怠ると被害者になるだけでなく、加害者になる可能性もあります。
自分だけの問題ではないことを認識し、ぜひ導入しておきましょう。

しかし、セキュリティ対策ソフトを1度パソコンにインストールしておけばいいという
のではありません。次々と登場する新しい脅威に対処できるように、
更新プログラムを適宜導入する必要があります。

またセキュリティ対策ソフトは1年間といった期限付きのものが多いので、
サポート期間が切れたら、継続利用手続きをしましょう。


さらに、Windowsには、ファイアウォールという機能があります。
これは、外部のネットワーク(インターネット)とパソコンとの通信を必要に応じて
自動的に遮断してくれます。
この機能もきちんと設定しておけば、ウイルスなどが入り込むのを防ぐことができます。