私がインターネットでネットワークビジネスを始めた頃は、
サイトを上位表示させるために、被リンクをつける作業が
主なSEO対策でした。

Yahoo!ブックマーク、はてなブックマークなどほソーシャルブックマーク
にもせっせと登録して、面白いように順位が上がっていってました。

が、最初のペンギンアップデートで、その自作自演の被リンクが
ペナルティとなり、圏外へ飛ばされました。

近年、ソーシャルブックマークのサービス終了が目立ってきました。
そして昨年にはYahoo!ブックマークも終了し、ソーシャルブックマーク
自体のSEO効果を感じることはほとんどなくなりました。

ソーシャルブックマークの衰退と反比例して利用者数が増えたてきたのが、
SNS(Social Networking Service)です。
TwitterやFacebookやGoogle+などがその代表的なものですが、
TwitterやFacebookでは、投稿記事(つぶやき)にリンクがあってもnofollowが
付くようになっているので、被リンクとしての効果はありません。

一方、Google+のリンク枠からのURL掲載はnofollowが付きません。
ということは、Google+なら被リンク効果がありそうですね。


あと、記事の下に、TwitterやFacebook、Google+のフォローや「いいよ」ボタンが
ありますね。これは、ぽちっと押すだけで簡単に記事リンクが投稿されるので便利
で、使いやすいと思います。

しかし、Googleからの情報では、それらのボタンを 押した人の数がランキングに
影響あたえるものではないといっています。

だったら、SNSはまったくSEOに効果ないのでしょうか?

正直に言うと、被リンクとしての効果はありません。
先に書きましたように、多くのSNSでは、投稿に含まれる外部へのリンクは
nofollowがつくため、「ページへの人気投票としては評価しない」ように設定されて
いるためです。

しかし、多くのサイト運営者はSNSへサイト記事URLを投稿することによって、
多くの人の目に触れる機会を作り、集客へ利用するためです。

そして、その記事内容が訪問者にとって価値あると判断していただけたら、
自然な被リンクも増えるでしょう。

なので、SNSの利用には、まずメインとなるサイトのコンテンツが充実している
ことが大切だと思います。