私達の活動は、インターネットでネットワークビジネスに興味のある
人を集めることなので、サイトのタイトルがとても重要だということは
何度もご説明していますね。

どんなキーワードを選んだらいいのか?

ここが一番悩むところです。

で、キーワードチェックに利用しているのが、
Googleキーワードプランナーです。

こちらはログインが必要なので、Googleアカウントをまず取ってください。
普段からGメールなど利用していて、ログイン状態だったら、すぐに
下記のアドレスから利用できます。

https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

1 ログインをクリックlogin.jpg


2 キーワードプランナーの画面が表示されます。
  この中の一番上新しいキーワードと広告グループの候補を検索
  を選んでクリック
KP2.jpg3 一番上の宣伝する商品やサービス の欄に調べたいキーワードを
  入力します。ここでは、「ネットワークビジネス」と「インターネット」
  を入力しています。

  複数のキーワードを調査したい場合、「,」で区切ります。
  また、「ネットワークビジネス セミナー」のような複合語でチェックする場合、
  単語と単語の間にスペースを入れます。るようにしましょう。

  キーワードの入力後、一番下の「候補を取得」をクリック

kp3.jpg

4 「広告グループ候補の項目に関する情報」の画面が表示されます。
  さきほど入力したキーワードに関する情報を調べるためには、
  キーワード候補のタブをクリックします。

 また、上部には平均月間検索ボリュームの月別グラフが表示されます。
 表示されていない時は、のグラフマークをクリックしてください。

kp4.jpg5 ここの画面に、入力したキーワードに関する情報が見れます

キーワード
入力したキーワードに関連深いキーワードがチェックできます。
「インターネット」と「ネットワークビジネス」それぞれの月間平均検索ボリュームの
過去1年間のグラフが、のグラフマークをクリックしたら表示されます。

下には関連姓の高いキーワードが30個まで表示されます。
さらに多くの関連ワードを見るためには画面最下部の「>(矢印)」を
クリックします。


競合性

競合性とは、各キーワードに対してどれだけの競合(ライバル)
いるかを「高」「中」「低」の3段階で表示しています。。

競合が高いほど上位表示までが難しいキーワードとなります。
早く上位表示させたい場合は、「低」をえらびますが、
上位表示されても、月間平均検索ボリュームがあまり少ないと、
検索する人も少ないので、「中」ぐらいを選んだほうがいいでしょう。

もちろん、「高」でもいいのですが、上位表示させるにはある程度
時間がかかるでしょう。



kp5.jpg
キーワードプランターの簡単な使い方の説明でした。
お役に立てば幸いです。