私がネットワークビジネスをインターネットで活動し始めた頃の
Google検索は、外部リンク(被リンク)が多ければ多いほど、
サイトの価値がある、と評価されていました。

そのため、SEO対策もあちこちの検索サイトやブックマークなどに
自分のサイトを登録することが奨励されていたのです。


が、こんな自作自演で被リンク増やしたサイトで、内容もない
サイトばかりを上位表示されるようでは、検索エンジンとしての
意味がありませんね。

ということで、Googleもアルゴリズムを色々と改良して、
本当に、検索者が求めているサイトが上位表示されるように
なってきました。

今まで、被リンクの数だけで上位表示されていたサイトが
圏外に飛ばされたのは、ペンギンアップデートの威力でした。


私の1つ目のサイト『ネットワークビジネスで海外生活』も最初の
ペンギンアップデートで見事に蹴落とされています。

自分でも、自作自演の多量の被リンクが原因だと分かって
いたのですが、この多量の被リンクを1つづつ手作業で外す
ことは大変だと判断して、新しくこのサイトを立ち上げています。

幸い、一部の複合キーワードで、まだ上位表示されているお陰で
資料請求も頂いていますし、ご入会者も出ています。


ということずっと、放置していた1つ目のサイトをGoogleのリンク
否認ツールを使って、否認シてみました。

どうして、今まで使ったことがなかったのかというと、

この新しいツールは、サイトへの不自然なリンクを理由に
手動によるスパム対策が実施されているというメッセージが
Google から届いた際に、ウェブマスター向けガイドライン
違反となる箇所の違反状態を解消するためにお使いいた        
だけます。

サイトへの不自然なリンクに関するメッセージが届いてい
ない場合は、このツールを使う必要はありません

という記事が、googleのウェブマスター向け公式ブログにあった
からです。

が、最近この否認ツールを使って順位が戻ったという記事を目に
するようになり、試してみることにしました。

使い方は、それほど難しくないのですが、優良リンクも間違って
否認しないように充分注意してください。


1 自分のサイトへのリンクをダウンロードする

Googleウェブマスター ツールにログインします。
ダッシュボードで 、検索トラフィック  サイトへのリンクの順にクリック
サイトへのリンク画面内の
リンク数の最も多いリンク元の下の 詳細]
をクリック
最新のリンクをダウンロードする]をクリックするとファイルがDL
できます。

2 
このファイルを使用して、否認するリンクのみを含むテキスト ファイル
  (.txt、エンコードは UTF-8 または 
7-bit ASCII)を作成します。

  1 行につき 1 つのリンクアドレスを記載します。

  ドメイン(例: example.com)単位でリンクを否認には、
  「domain: example.com」という行を追加します。

  否認するリンク以外の情報を記入する行の先頭には「#」文字を追加
  してください(# で始まる行はすべて無視されます)。

例)  

# example.com のほとんどのリンクは削除されたが、以下のファイルは削除されなかった
http://spam.example.com/stuff/comments.html
http://spam.example.com/stuff/paid-links.html
# spamdomain1.com の所有者に 2012 年 7 月 1 日に連絡し
# リンクの削除を依頼したが回答なし
domain:shadyseo.com


3 リンクの否認ツール ページにアクセスします。

  ウェブサイトを選択します。
  リンクの否認をクリック
  ファイルを選択 をクリック

注: 新しいファイルをアップロードすると、以前にアップロードした
  ファイルがすべて置き換えられます。

アップロードした情報の処理には時間がかかります。
私の場合、1月25日にファイルをアップロードしました。
毎日チェックしていたわけではありませんが、2月2日に
「最新のリンクをダウンロードする」でファイルをみてみたら、
数が減っていました。

ランキングに影響がでるまで、さらに時間がかかるようです。
ランキングに影響がでるかどうか、まだ不明です。

早くGoogleさんがサイトをクロールしてくれるように、記事アップ
して、サイトマップの送信しなくては。


またご報告しますね。