前回、Google アナリティクスで、アクセス解析する方法をお伝えしましたが

「Googleアナリティクス」はアクセス解析やユーザの行動分析などに適したツールとして
有名ですが、「ウェブマスターツール」はサイト自体の分析に適したツールと言えます。

2012年4月のパンダアップデート以降、サイトの内部コンテンツが重視されるように
なってきていることは周知のことです。


サイトを新しく作っても、Googleに登録されていなければ、いくら検索しても
検索結果にあがってこないのではないか。。
と不安になりますね。

また、新しい記事をアップしたら、早く検索してヒットするようにインデックスして
もらいたい。と思うでしょう。


「ウェブマスター向けガイドライン」に以下の文章があります。

サイトの検出、クロール、インデックスに関するベスト プラクティス

次のガイドラインに沿ってサイトを作成すると、Google のインデックスに
登録されやすくなります。
ガイドラインの提案項目を導入しないサイトでも、
「品質に関するガイドライン」には目を通されますようお願い致します。

このガイドラインでは、Google のインデックスから完全に削除されるか、
アルゴリズムまたは手動によるスパム対策が実施される可能性のある
不正行為について説明しています。

スパム対策が実施されたサイトは、Google.co.jp や Google のパート
ナー サイトの検索結果に表示されなくなることがあります。


この中でも、サイトができたら、Google ウェブマスターツールに登録して
サイトマップを送信することを勧めています。


サイトの準備ができたら:

  • Google に http://www.google.com/submityourcontent/ からその情報を送信します。

  • Google ウェブマスター ツールを使用してサイトマップを送信します。Google では、サイトマップを使用してサイトの構造を認識し、ウェブページを検出しやすくします。

  • 必要なすべてのサイトにサイトが公開されたことを連絡します。


こGoole ウェブマスターツールの登録方法ですが、
以下のサイトが初心者向けに非常にわかりやすく説明されています。

http://whitebear-seo.com/seodirector-blog/tools/google-webmasters-tools/

「SEO対策に困った時のクマたのみ」さん、ありがとうございます。



登録が済んだら、ご自分のサイトのページがGoogleの検索インデックスに登録
されているか、調べてみましょう。

● 「健全性」メニュー中に「インデックス ステータス」があります。

ここで現時点にインデックス登録されているページ数が示されます。
上部には現在の総数、グラフには過去 1 年間までのデータが表示されます。


以下は、このサイトのインデックス ステータスです。
2012年9月4日、このサイトのインデックス数は76となっています。
サイトを作り始めたのが、2012年5月12日ですから、それ以前は0です。
ここ数日、記事アップしていないので、数が増えていませんが、
確実にインデックス拾ってもらっていることが分かります。



インデックス.png
検索エンジンロボット(クローラー)が、サイト内にある全てのページを
巡回してくれるよう、記事アップしたら時々サイトマップを送信します。


関連記事

サイトマップの作成と送信方法