インターネット上には、多くのサイトが存在しています。
中には、似たような記事、ほどんどパクリ、コピー記事も
見かけますね。

ネットワークビジネス関係のサイトでも、いままで何度か
『記事のコピーは著作権の侵害です。』という警告がありました。
お怒りになるのもごもっともですよね。
自分が色々と調べて、時間をかけて完成させた記事を、簡単に
コピペされているのが他のサイトにあったら、まして、そのサイト
の方がランキングが上位だったら・・・


前回の記事でご紹介したペンギンアップデート同様に、Google
SEO関連でよく出てくるのがパンダアップデートです。

パンダアップデートとは、Googleが2011年2月に開始され
ました。
日本には2012年7月に導入されている、より高品質で
独自性の高いコンテンツを優先的に表示するように、
アルゴリズムが改良されています。

言いかえれば、低品質なコンテンツの順位が下がるように行われ
たアップデートです。

1 自動生成されたコンテンツ
  記事作成プログラムなどで作られた内容のないでたらめ記事、
  単に特定の検索キーワードを含むだけで人が読んでも意味が
  不明
でも、検索エンジンは機械なのでキーワードを含む記事
  を以前は評価していました。これが改良されています。


2  他のサイトから無断コピーされたコンテンツ
   これは著作権の問題もでてきます。
   オリジナルのコンテンツでないコピー記事だけでてきたサイト
   は当然ペナルティを与えられるべきです。

   
3  被リンク用に作成された実質のないサイト
   内容もほとんどがコピー記事でメインとなるサイトへ誘導する
   目的で多量作成されたサイト


多くのアフィリエイターが、このパンダアップデートで圏外に飛ばされ
ています。アフィリエイトサイトの場合、同じ商品を紹介する記事など
ほとんどコピーでサイト量産して被リンク効果でランキング上げて
きたので、かなりの痛手になったようですね。

私たちのサイトは、オリジナルのサイトをじっくり作り上げていって
いるのでパンダアップデートでの影響はあまりありませんでした。

それでも、いままでアップラインの記事をほとんどコピーしていた
サイトは今後のさらなるパンダアップデートの改良で捕まる恐れ
がありますから、できるだけオリジナルの記事をアップしていくよう
お願いしています。

正直言って、文章を書くのが苦手な人もいます。
が、最初はアップの記事を参考に少しづつ文章を自分の言葉に
書き換える作業をしているうちに、だんだんと自分でも記事が書ける
ようになってきます。

ネットビジネスとは、ライターの仕事ですね^^
もちろん、インターネットを使ったネットワークビジネス(MLM)も同様
ですから、できるだけオリジナルの記事、自分の言葉で文章を書くこと
が大切です。

 

ペンギンにしろ、パンダにしろ、動物の名までがついていますが、
最初に導入されたパンダアップデート名称の由来が、エンジニアの
Biswanath Pandaさんが中心となってアップデートを行なっていたため、
彼の名前からパンダアップデートと呼ばれるようになったそうです。

そして、その後のペンギンアップデートの由来はパンダアップデートように、
白(正当)と黒(不当)をハッキリさせる目的のアルゴリズムであるため、
同じく白黒の動物であるペンギンを選んだそうです。
Googleスタッフのジョークを感じさせますね^^

こんな風に仕事も楽しみながらできるといいと思います。
ネットワークビジネスも楽しみながら、取り組むことで長く続けることができ、
最終的に成功者となれるのです。