ネットワークビジネスをオンライン(インターネットを使って)
で活動している私たちの関心は、どうやったら検索エンジンで
自分が運営しているサイトを上位表示されるかでしょう。

そのためのSEO対策を個人レベルで行っています。
Googleのアルゴリズム変更で、今年は大きくランキングの変動が
ありました。

私の場合、ペンギンアップデートで単独キーワードで圏外に大きく
飛ばされています。グループの方の中にも同様に圏外に飛ばされ
たサイトがあります。パンダアップデートでも、ランキングを下げた
サイトがあるようです。


パンダアップデートとは、品質の低いコンテンツを検索結果から
排除するために実施されたGoogleのアルゴリズム更新のこと。

2011年2月25日に 米国で最初に実施され、以降 他の国でも導入
されています。2012年7月17日(現地時間)には、日本と韓国でも
導入されています。


このパンダアップデートで影響を受けるのは、コピー記事や意味
のない記事(文字数が少ないも含む)などです。

同じグループの場合、サイトの内容がどうしても同じようになって
しまいます。そこを気を付けないとコピー記事としてペナルティを
受けることになります。


私たちのグループは一人一人オリジナルのサイトを運営しています。
記事を1つ1つ自分で考えて書くのは大変な労力です。
実際に記事アップにかかる時間より、その記事を書くために調べる
考える時間の方が数倍かかります。
それらの労力が正当に評価されるようになったということです。

専門業者に頼んでSEO対策をしなくても、HPの専門知識がなくても
一般の人が真面目に努力して作ったサイトを、Googleが評価し始め
ています。

なんだか、ネットワークビジネスのシステムと似ていますね。
誰でも平等に、努力した人が公平に評価されて報酬を受け取ること
ができるところ。


いままでのビジネスでは、無駄を省きできるだけ効率よい方法が奨励
されていました。自動化され簡単に判断できる、いわばデジタル化さ
れた作業です。

しかし、近年もっとオリジナル、いわばアナログが見直されてきています。
大量生産されたコピー商品より、世界で1つだけの商品が求められて
きています。

どんなビジネスも人が商品を売って、人が購入します。
検索エンジンも人の心に近づいてきたということでしょう。