前回の記事でGoogleの検索エンジンも人の心に近づいてきたと書きましたが
それでも、時々「どうしてこんなサイト(失礼!)が上位なの?」と思うような
ページ数も少なく、内容も特に目新しい事がないサイトがありますね。

そういうサイトを調べてみると、ほとんど被リンク効果でページランクが高く
なっていたり、被リンクの数が多いんのが分かります。

やはり、まだまだ被リンク効果があるという証拠です。
不自然でないように見える被リンクをどうやって作るか?
これが、今後のSEO業者の課題でしょう。


よく、「ネットワークビジネスはアフィリエイトと違うのですか?」
というご質問いただきますが、

アフィリエイトの場合、自分のブログやHPを作って
そこで紹介した商品が売れたり、広告をクリックされたりすることで
報酬が発生する。いわば、成果報酬です

アフィリエイトで稼ごうと思ったら、自分のサイトをアクセスアップ
させるためのSEO対策や、紹介する商品も売れ筋を考えたり、
興味をもっていただくサイト記事を考えてアップしたりと作業して、
常に新規のお客さんを探し続けなければいけません。

そのため、いままで上位だったサイトがパンダやペンギンアップデート
で突然圏外に飛ばされたのでは、サイト訪問者が急激に減り、
それに伴い売上も減るので、現在必死でSEO対策を見直しているの
でしょう。


ネットワークビジネスの場合、継続的な権利収入が生み出されます。
サイトが圏外に飛ばされても、今までの収入が急激に減る事はあり
ません。

なぜなら一緒に取り組んでいる仲間からの定期的な購入があります。
この違いが大きいのです。


だから、サイトのランキングが急激に落ちても、じっくりとサイト内の
コンテンツの見直しをしてGoogleからも質の良いサイトと認めてもらう
ための作業時間を取ることができます。

そして、この作業も一人で孤独に行う必要もありません。
仲間と一緒に情報を共有して助け合っていけるので、問題解決の道も
おのずと開けます。

誰かを蹴落として自分だけ儲かればいいというビジネスではありません。


サイト作りにも同様の事が言えると思います。
自分だけ、独りよがりの記事では、誰からも共感していただけません。
多くの人に共感していただく内容を書くことで、自然と読んでくれる人も増えて
被リンクも増えてくる。これが自然な被リンク作りということになります。

もちろん、これだけではSEO対策とは言えませんね。

どう自然に見えるように被リンク作っていくか、これも研究しないと
プロとはいえないでしょう。