前回の記事で、URLを統一させるために、301リダイレクトを使用しました。

301リダイレクトとは、ドメインやURLを恒久的に変更する場合に用いられます。
永久転送などと呼ばれることもあります。簡単に言ったら、「このURLはこちらに
引っ越しました。」と古いURLを入力しても、301リダイレクトで設定されたURLに
自動転送されるます。
,

これは、Googleウェブマスターツールでも奨励されています。

検索エンジンの結果で表示されるページの URL を変更する必要がある場合は、
サーバー サイドの 301 リダイレクトを使用することをおすすめします。
これは、ユーザーや検索エンジンが正しいページにたどり着くことを保証する
最善の方法です。
301 ステータス コードは、ページが新しい場所へ完全に移動したことを意味します。

301 リダイレクトが特に役立つのは次のような状況です:

  • サイトを新しいドメインに移動し、できるだけスムーズに移行を行いたい場合。
  • ユーザーが複数の異なる URL を介してサイトにアクセスする場合。
    たとえば、ホーム ページに
    http://example.com/home
    http://home.example.com
    http://www.example.com
    といった複数の URL でアクセスできる場合、いずれか 1 つの URL を優先的な
    (正規の)リンク先として設定し、301 リダイレクトによって他の URL からのトラ
    フィックをその優先 URL に送ることができます。
    ウェブマスター ツールを使用して使用するドメインを設定することもできます。
  • 2 つのウェブサイトを結合し、無効になった URL へのリンクが正しいページに
    リダイレクトされるようにしたい場合。


http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=93633

Googleウェブマスターツールより引用



URLを統一させる以外にも、サイトのドメインを変更した時、
パンダやペンギンアップデートでペナルティを受けたサイトを新しいドメインに引っ越す
場合にも使えますね。


この301リダイレクトを行うメリットは、移動前ページのSEO効果も引き継ぐことができること。
つまり被リンクやPageRank、ドメインエイジなど検索エンジンが認識している情報も一緒に
引き継ぐということです。

前回ご紹介した.htaccess(ドットエイチティーアクセス)」の記述の中で以下の部分か
301リダイレクトを指定しています。

=============================

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteRule (.*) http://mlm-seminar.net/$1 [R=301,L] 

==============================

※ 赤字の部分を転送先のドメインに変更してください。

上の記述は、サイト全体を別ドメインにリダイレクトします。

サイトのお引っ越しの際も、転送届けはお忘れなく。