インターネットを利用したビジネスでは、サイトを作っただけでは、
まだ誰もその存在を知りません。これは普通の店舗と同様で
宣伝しないことには、お客さまに訪れてもらえなということです。

私達のようにネットワークビジネスをオンラインで活動している場合も
同様です。口コミ代わりに、自分のサイトを作って宣伝しています。


また、業者に頼んでお金をかけていくら見栄えのいいサイトを作っても、
インターネットユーザーの約8割が検索結果の2ページ目までしか
見ないと いうデータもあります。

つまり、検索エンジンで上位に表示されないことには、
そのサイトはインターネット上で存在しないも同然ということですね。


ユーザーは調べたいものを見つけるために、インターネットで検索し、
欲しい情報が上手く得られない場合は、検索キーワードを追加して、
より的確な検索結果が得られるように何度か検索し目的のサイトを
探します。

このように検索結果からの誘導は、広告などの余計な費用が
かからないため、サイト運営者にとって極めて効果が高く重要な
要素となっています。

このサイトを検索結果の上位表示されるように工夫することを
『SEO対策』といいます。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、
『検索エンジン最適化』と日本語では訳されています。



代表的な検索エンジンサイトとは、GoogleやYahoo!です。
2010年12月より、Yahoo! JAPAN が Google の検索エンジンを採用
しているため、どちらで検索してもほぼ同様の結果が表示されます。

ですから、この『SEO対策』とはGoogleを対象に行えばいいのです。


しかし、Googleがパンダアップデートやペンギンアップデートというアルゴリズム
の変更を実施し、内容がないサイトにペナルティを与えランキング上位から
排除するようになりました。

いままでのSEO対策では通用しなくなったということで、現在は専門の業者も
新しいSEO対策に奔走しているのは周知のことだと思います。


このサイトでも、できるだけ最新の情報をご紹介していきますが、
過去記事の内容が現在と違うところがらうことをお許しください。



SEO対策は主に「内部要因」と「外部要因」に分かれます。