独自ドメインでサイトを作った時に問題となるのが、wwwのありとなしや
index.htmlの付く付かないでインデックスされることです。

例えば、このサイトでしたら

  http://www.mlm-seminar.net/
  http://mlm-seminar.net/

  http://www.mlm-seminar.net/index.html
  http://.mlm-seminar.net/index.html


全てが同じTOPページとして表示されることになります。

もちろん、人間の目でみる分にはなんの不都合も感じませんが、
検索エンジンからしたら、これらは全く違くURLと判断されます。

つまり、被リンクがwww のある方に10本ついていたとして、wwwがない
方にも10本ついていた場合、同じサイトとして合計20本の被リンクとして
評価されずに、それぞれ10本づつと評価されてしまいます。

つまりSEOとしてもあまり好ましくない状況です。

この問題を解決するために、wwwのありとなしやindexの付く付かないの
どちらかにURLを統一することをお勧めします。

これをコントロールするためのファイルが、

.htaccess(ドットエイチティーアクセス)」です。

SEO対策のためにもサーバーにアップしておくといいでしょう。

書き方は簡単です。メモ帳などに半角英数字で記入します。
もしくは以下をコピぺして、.ファイル名に「htaccess」とつけてください。

※ サイト名はご自分のサイト名に下記変えてください。

◆ index.html  をなしに統一する場合

=============================================

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://mlm-seminar.net/$1 [R=301,L]

=============================================

これで、index.html がないように統一され、
すべて http://mlm-seminar.net/  にリダイレクトされるよう設定されました。

この記述の下に、www のあるなしを設定します。

◆ www ありに統一する場合

=============================================

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^mlm-seminar\.net
RewriteRule ^(.*)$ http://www.mlm-seminar.net/$1 [R=301,L]

=============================================

◆ www なしに統一する場合

=============================================

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.mlm-seminar\.net
RewriteRule ^(.*)$ http://mlm-seminar.net/$1 [R=301,L]

=============================================

ファイルをサーバーのドメイン直下にアップして、ファイル名を
「.htaccess」に変更します。

後ろに .txt がつていたら、これも削除してくださいね。

これでURLが統一されて、他のURLを入力しても指定のURLに
リダイレクトされるようになりました。

リダイレクトについては、また次回ご説明します。