第24回目、ネットワークビジネスでモチベーションが上がらない理由
の1つを述べましたが、他にも、一生懸命やっているのに、
目に見えた結果がすぐにでないと、だんだんやる気が萎えてきますね。


アインシュタインの名言に以下の言葉があります。

木を切るのが好かれるのは、すぐに結果を知る事ができる行為だからだ

誰だってやったことの結果がすぐに見えると嬉しいものです。
しかし、世の中のほどんどのことは、
すぐに結果を知ることができません。
毎日の積み重ね、多くの失敗を積み重ねながら
やっと最後に1つの結果に辿り着くこともありますね。

ネットワークビジネスは誰でも簡単に始められる。
しかし、成功するのはほんの一部だ。

と言われるのも、多くの人が途中で諦めてしまうから、
最後の結果をみることがないのです。

先月、タイトルピンを達成したパートナーさん、
実は入会後1年近くダウンさんが一人もいませんでした。

資料請求がきて、ゲストさんとメールのやり取りもうまくできているのに、
どうしてもご成約までいかない。。

もちろん、メールの内容に問題があるのではなく、
たまたまゲストさんの都合が悪いことが重なってしまったのが
成約できなかった原因だと思いますが、
これを他人のせいにすることなく、もっと自分を変えることで、
最初のダウンさんを獲得することができました。

自分を変える

このパートナーさんの場合、具体的に言うと、
サイトのタイトルの変更でした。

そしてサイトのタイトルを変更後、一ヶ月もしないうちに
最初のダウンさんができたのです!

そしてその後も次々とダウンさんを獲得し続けて、最初のダウンさん
獲得から、4ヶ月内でピンタイトル達成することができました。

信じられないかもしれませんが、事実です。


もちろん、タイトル変更前から少しづつサイト内変更を加えて
いたという日頃の積み重ねもあります。
ただ、その結果が目に見えて来なかったのでしょう。
最後の一歩前進したことで、目の前の壁が壊れたように、
いい結果が見えて、本当に良かったと思います。

もちろん、そのパートナーさんの直アップも私もさらにアップラインも
やる気になったパートナーさんの応援しました。
でも、やる気になったのはパートナーさんだし、実際に行動したのも
パートナーさんです。

ネットワークビジネスを始めてもうすぐ1年経とうとしているのに
ダウンさんが一人もいない。
このまま辞めてしまうのは悔しい・・

こう思って、できる限りのことをやってみる。
それでダメなら、自分にも納得いくと思います。

でも、何もやらずに、できなかったから諦める。

これだと、ただ自己嫌悪になるだけで、次に何か違うことを
始めようと思っても、このマイナスイメージが蘇って、
また同じようにできなかったらどうしよう。。
と思うのでは?

私も資料請求きて、メールのやりとりして手応えを感じるのに、
なかなかご入会者が出ないときは落ち込みました。

メールの内容を何度も読みなおして、どこ悪いのか考えました。
もちろん、お断りされるのは、相手の都合もありますが、
それでも何かを自分で見つけないと、次へ生かすためにも、
いろいろ試してみました。

これって、魚釣りと同じで、釣れないときは餌を変える、
仕掛けを変える、時には場所やターゲットを変えるなど
いろいろ自分で考えて試してみるべきでは?


ネットワークビジネスはマーケティングです。
自分の好みよりも、お客様の好みに合わせてみましょう。

ちょっと視点を変えるだけでも、反応が変わってくるものです。