第18回目、ネットワークビジネスは本業を続けながら副業として
取り組むことができます。
しかし、いつまでも副業のままでいいのでしょうか?



独立して新しく事業を立ち上げるとなると資金も準備期間も必要です。
店舗を出す場合、どのくらいの需要があるか事前にマーケティング調査
も必要でしょう。

それでも、事業が軌道に乗るまで、ある程度時間がかかります。
その間収入が充分に得られないとなると、生活費にも困ります、
家族を養っている立場では、このようなリスクは最小限に抑えておきたい
と思うのは当然でしょう。

そのため、現在の仕事(本業)を続けながら、副業として新しい仕事に
取り組むというのは、理にかなっているといえるでしょう。


ネットワークビジネスは、本業をお持ちの方でも副業として取り組めます。
まずは副業として、始める方も多いです。
また、インターネットを利用する活動だったら在宅でも外出先でも移動中
でもビジネス活動が可能です。


しかし、いつまでも副業という意識では、成功できなせん。
なぜなら、どうしても真剣度が低くなるからです。

たとえば、本業を終えて疲れて家に帰ってきたので、すぐに寝てしまう。
休日には家族と一緒に過ごす時間を大切にしたいので、ビジネスはなし。
と、あなたの中の優先順位から副業がなくなります。

最初の頃は、一日に1~2時間、できない時は休日にまとめて作業する
と決めていても、だんだんと作業しない日が増えてきます。
そして、それに慣れてしまうと、再び作業に取り組もうという気持ちも
萎えてきます。
これでは、副業としても成り立たないでしょう。


副業といえども、仕事は仕事です。
一旦仕事を始めると決めたら、やるべきことはやらないといけません。
この意識があるかないかの違いです。

インターネットを利用した在宅ビジネスなので、好きな時間に自由に
取り組めます。
という「自由」は、仕事をしないことではありません。
あくまで「自由な時間を利用して仕事する」という意味です。


あなたがネットワークビジネスを始めた理由は、このビジネスで得られる
「権利収入」に魅力を感じていらっしゃるからでしょう?
本業を辞めて、この「「権利収入」だけで生活できるようになりたい。と
始められたのではないでしょうか?

だったら、「副業」としても真剣に取り組んでください。
いづれ「本業」となるという意識を持っていただくといいでしょう。


先日、私のパートナーさんから「昼間の仕事がアルバイトに降格しました」
というメールをいただきました。
このビジネスが本業となってきたということですね。
これから、ますます本業として真剣に取り組んでいくという意思表明だと
受け止めました。本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

この真剣さが、その方のパートナーさんにも伝わり、パートナーさんも真剣
になります。だから、ますますその方のグループが大きくなっていくのです。
アップがいつまでも「副業」として、片手間でやっているようでは、
下についた方も同様な感覚で真剣に取り組むことないでしょう。

だから、あなたがネットワークビジネスで成功したいと思われるのなら、
「副業」として始めても、いずれ「本業」とする覚悟で取り組んでください。
あなたの本気度を、あなたのパートナーさんに見せることが大切です。