私たちはインターネットを利用してネットワークビジネスに取り組んでいます。
これも最近よく聞く「テレワーク」?

「テレワーク」とは「tele=離れた所」と「work=働く」をあわせた造語で、「リモート(=遠隔)ワーク」と呼ぶこともありますが、意味はほぼ同じです。

他にも、「モバイルワーク」など、ICT(情報通信技術)を活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を指すものとして、様々な言葉があります。私も新しい言葉が出てくる度にGoogleで調べていますの皆さんにも分かりやすくそれらの違いなどお伝えしていきます。

インターネットを利用して家で仕事することを「在宅勤務」で、「テレワーク」は同じだと思っていましたが、少し違うんですね。「在宅勤務」はテレワークの形態の1つだそうです。

そのテレワークには、大きく分けて以下の3種類があります。

1 「在宅勤務」
  従業員が自宅で仕事する
2 「モバイルワーク」
  取引先のオフィスや移動途中の駅、カフェなどで仕事する
3 「サードプレイスオフィス勤務」
  専門の事業者が提供するサテライトオフィスやコワーキングスペース、自社で整備した専用施設などで仕事する

この中で「在宅勤務」は、個人事業主、フリーランス以外にも、人材不足が懸念される企業にとって、育児や介護でやむなく離職した人や定年退職後に短時間の仕事を希望している人などの雇用方法として注目されています。また、一般の従業員にとっても、遠方からの通勤時間や交通費、満員電車通勤ストレスなどがなくなるので、生活の質の向上や生産性向上など企業にとっても従業員にとってもメリットがあるでしょう。

在宅勤務で効率的に働く時間を確保できるというメリットがある一方で、働く立場からは「自宅だと仕事のON/OFFが切り替えにくい」「長時間労働になりやすい」というデメリットも挙げられています。

これは、主に住宅事情の問題で、家族がいる自宅に仕事専用に仕切られたスペースが無い場合も多く、家族が身近にいると仕事に集中しづらいという声が聞かれます。そのため、家族が寝鎮まった夜中に起きて仕事するなど睡眠不足になりやすい傾向があるようです。

在宅勤務の場合、このようなデメリットにより生産性が下がってしまうことがあるため、この解決策の1つとして「サードプレイスオフィス勤務」があります。

これは、集中して作業したい仕事ががある場合、家族と一緒の自宅でなく、自宅の近くの会社が用意したサテライトオフィスなどを利用した方が効率的に仕事ができるでしょう。また、カフェなどでモバイルワークをする場合、セキュリティの面で情報漏洩が心配です。サテライトオフィスだとその点でも安全でしょう。

テレワークについて、働く人にとってより働きやすい方法はそれぞれの事情に応じて違うでしょう。在宅勤務やサードプレイスオフィス勤務、モバイルワークなどそれぞれの違いを理解し、それらを柔軟に使い分けていくことが、今後テレワークの起用につながっていくことでしょう。

ネットワークビジネスの場合、個人事業主なのでどうしても一人で作業に取り組んで孤独を感じることもありますが、インターネットで他のメンバー、アップたちといつでも連絡を取ることができます。何か分からないことがあれば尋ねることができますし、色々と相談することもできます。もちろん、自分でネット検索してもいいのですが、やはり経験者に直接尋ねることで理解度も深まるでしょう。自分に合った仕事の方法を見つけて、楽しみながら長く続けていただきたいと思います。