私たちは、ネットワークビジネスをインターネットだけで活動しています。このビジネスの基本である対面での口コミなしで成功するには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

一般的なビジネスの基本として、消費者の立場で考えてみましょう。たとえば、あなたは何か商品を購入しようとする時、まず商品について自分で調べますね。現在はネットで検索する人がほとんどでしょう。口コミレビューのようなサイトで実際に購入した人の体験談など私もよく利用します。

そして、具体的に購入する商品が決まったら、今度はどこで購入するか調べるでしょう。どこで購入するかを決める基準としては、1 値段 2 サービス(アフターサービスも含める)だと思います。

値段をある程度ネットで調べて、ネットショッピングするものもあると思います。が、高価な商品、万が一壊れた時の修理など考えたら、近所のお店で購入した方が安心なものもあります。その場合、値段があまり変わらないならサービスがいいお店、もしくは、店員さんの対応がいいお店、馴染みの店などを選ぶのではないでしょうか?

たとえば、大型スーパーで陳列棚に並んでいるミカンを自分で選んで購入するのと、近所の馴染みの個人商店で「どのミカンが甘い?」と会話しながら購入するのでは、どちらが楽しいと感じますか?このように、私たちは商品そのものよりも、人を介して購入することの方を楽しいと感じます。

どんなビジネスの基本も人との繋がりです。ネットワークビジネス(MLM)も、人と人との繋がりから商品を流通させていきます。だから、商品よりも人で選ばれると言っても過言ではないでしょう。「あの人が勧める品なら、間違いない」と、思っていただければビジネスとして成功です。

そこで私たちのビジネスの話に戻りますが、確かにインターネットを介したコミュニケーションだけでは、文字だけ、あるいは音声だけのやり取りとなり、面と向かって会話す る場合と比べたら、表情や仕草などから得られる情報量は少なくなります。同じ言葉を読むことと、相手から直接話を聞くことでは印象が違ってくるのは、この非言語の情報があるからです。

ですから、感情的な問題が絡む場合や微妙な駆け引きが必要とされる場合の交渉などでは、直に会って話をする方が良い結果を生むことが多いのも事実です。

近年、IT世代の若い人の多くは、人と直に接する代わりにコンピューターやスマホなどに浸りきった生活をしています。これは、日本だけではなく世界的な傾向で、このようなIT社会では、自分の頭で考えない人間、自分の言いたいことを言葉で表現できない人間になるので、意欲に乏しい人が増えてきたと言われています。というのは、IT機器を巧みに操作することで、自分では頭を使っているつもりでも、実はただ検索して情報を収集しているだけで知識として身についていかないのです。

もちろん、その多くの方が全て意欲に乏しい方ではありません。例えば、このサイトを見つけた方は偶然このサイトに迷い込んだのではないはずです。探したい情報を検索した結果、このサイトに辿り着いたといった方がいいでしょう。その中でこのサイトの記事を読んで、資料請求してみようという気持ちになる方は、確率として低いかもしれません。求めていた内容と違っていたら、すぐに他のサイトに移ってしまわれるし、内容に共感するものが全くなかった場合も同様です。

・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜
だれかと時を過ごせば、自分の人生の一部を相手に与えると同時に、
相手の人生の一部をもらっていることになる。

(カッシアの物語、アリー・コンディ)
゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜

私達の活動では、まずサイトの記事を読んでいただき、内容に共感いただいた方から資料請求いただいています。資料ご請求後は、メールでコミュニケーションをとっています。 私がメールを書く時間、その方がそのメールを読んでいただく時間同じメールの文章を読むことで、時間を共有している ことにもなります。その時間を大切にすることで信頼関係も生まれて くるのではないでしょううか。

メール1つにも心をこめて書く。これがインターネットを使ったネットワークビジネスで成功するために大切なことだと思います。


では、ネットワークビジネス、メールでのコミュニケーションで大事なことを
次回にご説明します。