Q.ネットワークビジネスで収入が得られるようになったら、いつから確定進行したらいいでしょうか?

ネットワークビジネス・MLMで収入が発生したら、当然所得税がかかります。これはサラリーマンの副業でも主婦の副業でも同様です。最初は本業の傍ら副業として始める人がほとんどだと思いますので、ここでは副業としての確定申告について説明します。

国によって基準が違うと思いますが、一定の金額までは確定申告する必要ない、つまり無税で収入を得る範囲があります。

日本の場合では、サラリーマンなら 年間20万円以上の副業所得があれば申告しなければいけません。専業主婦がパート以外でネットワークビジネスで収入を得る時は、「雑所得38万円」、「雑所得33万円」に注意しましょう。これはそれぞれ、1年間で38万円以上の所得があると「所得税」の課税対象、33万円以上で「住民税」の課税対象になります。逆を言えば、年間33万円以下に抑えれば、所得税も住民税もかからないということ。

 その他、注意することは、「所得」とは、収入から経費を引いた金額の合計です。副業として取り組んでいる場合、100%経費でおちないものもありますが領収書を集めておきましょう。具体的には、パソコン、プリンター、インク代、紙代、コピー代、プロバイダー、サーバー代、ドメイン代、HP作成の費用、通信費、

郵送代、文房具類、書籍、雑誌、机、椅子、本棚 ・・・

それ以外に、口コミ活動の場合、セミナー開催費 、交通費、ミーティング接待費 などもありますね。

在宅ビジネスとして、自宅を事務所代わりにするなら、家賃の一部や住宅借入利子(使用面積) ・建物の減価償却 ・車 ・光熱費なども計上できるでしょう。

これらすべてが経費と認められるかどうかは、専門家の意見を聞いた方がいいでしょう。一度税理士さんに全ての領収書を見せて相談した方がいいですね。

正しいネットワークビジネスのために確定申告も正しく行いましょう。