ネットビジネスでは、パソコンなしでは仕事とになりません。
普段使っているPCが故障したり、買い替えたりすると、データの引っ越しも大変ですね。

ということで、ローカル(個人の)PCで管理しているデータをネット上のサーバーに保存することができるサービスをご紹介します。

クラウドコンピューティング(cloud computing、またはクラウド)とは、ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータ資源の利用形態である。
ユーザーは、コンピュータによる処理やデーターの格納(まとめて計算資源という)をネットワーク経由で、サービスとして利用する。
「クラウド」は「雲」の意味で、コンピュータネットワーク(典型的にはインターネット)を表す。従来より「コンピュータシステムのイメージ図」ではネットワークを雲の図で表す場合が多く、それが由来となっている。


これまで、PCで文書や表などを作成するには、インストールされた専用のソフトを起動し、そこで作成された文書ファイルなどは作業したPC内のハードディスクに保存する。というのが、一般的な作業手順でした。

一方、「クラウド」では、PCのソフトの代わりに、インターネットのサーバーを使って作業しができます。作成したデータもインターネット上に保存します。

つまり、今までPC内で行っていたことが、インターネット上でできるのです。

高価なオフィスソフトを購入して、インストールなくても、インターネットが繋がっていれば、「クラウド」を利用することも可能です。

また、データをインターネット上のサーバーに保管することで、場所や端末の種類(パソコン、スマホ、タブレット端末など)を問わず、同じ情報にアクセスできるので便利ですね。

いままでのようにPCを買い替えた時に、データをバックアップして新しいPCに移す必要もないということでうす。


私が普段使っている無料サービスをご紹介します。

◆ Dropbox

https://www.dropbox.com/

一番利用しているのが、こちらです。動作が軽くて、使いやすいと思います。

米国発祥のデータ同期サービスとして有名です。
PCやスマートフォンに専用アプリを導入しておき、簡単にデータをアップロードできます。無料で容量2GB。友達紹介で増量サービスもあります。

使っているうちにだんだん容量が増えてくるので、2GBじゃ少ないですね。

https://db.tt/foRSOA12

↑ ここから申し込んでいただくと、私に500MB 、あなたにも500MBの増量プレゼントがあります。

あなたも同じようにお友達に紹介したら、一人につき500MB増量していきます。最大無料で16GBまで増やすことができるのが嬉しいです。


◆ OneDrive

https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

マイクロソフトが提供しています。クラウドを常時同期させるとPCが重くなるので、私はあまり使わない古いデータやファイルをこちらに保存しています。普段使っているPCとは同期ストップさせています。

よく使うデータとあまり使わないデータを分けて保存するのも、1つの方法だと思います。

無料で使える容量は5GB。Windows 10で標準搭載されています。こちらも友達紹介で容量増やせるサービスあります。



◆ Google ドライブ

https://drive.google.com/
 
ブラウザーで使えるオフィス文書作成アプリ「Google ドキュメント」があります。複数ユーザー間でのオンラインファイル共有ができます。無料保存容は5GB。

このファイル共有がビジネス資料管理するのに、便利ですね。
メールで添付して資料送る必要ないです。

なので、主にビジネス用のデータ管理に使用しています。

◆ MEGA

https://mega.nz/

ニュージーランドのMega Limitedが開発した、日本語をはじめとした多くの言語に対応しているクラウドサービスです。無料で50GBも容量が使えるのが嬉しい。GoogleChromeが推奨されています。

無料サービスなので、万が一の場合を考えて、複数でデータのバックアップしておくといいと思うので、バックアップ用に登録しています。

他にも色々ありますが、私もそうですが、あまり多くのサービス利用すると管理が大変だと思います。

もちろん、クラウド以外にDVDやUSBスティックでバックアップしておくと、安心ですね。