インターネットの世界では、Googleの意向に沿った
サイトを作成し運営していくことが重要です。

なぜなら、何かを調べる時、インターネットで検索
しますね。その検索結果で上位のサイトをクリック
して読むでしょう。
検索エンジンで上位表示されないことには、
サイトの存在は誰にも知られません。

あなたは検索する時、どのブラウザをご利用ですか?
スマホで検索される方も多いと思いますが、
私はGoogle ChromeとFirefoxを利用しています。
以下のメールがレンタルサーバーの会社から届きました。

Googleのブラウザである、Google Chromeでは、
2018年7月24日(火)にChrome68へのアップデートが
実施されました。

今回のアップデートに伴い、独自SSLが導入され
ていない全てのWebサイトでの警告表示が開始さ
れております。



SSL.jpg上の図のように、保護されていない通信と表示が出ます。
なんか怪しいサイトのように見えますね。
Firefoxでも同様の警告が出ています。

独自SSLが導入されていないサイト全てにこのような警告が
出るようになりました。

独自ドメインの導入をしたら、保護されたサイトの表示
になりました。

sslhogo.jpg簡単に言えば、URLをhttp から https に変更したのです。
そのためにSSLを導入しました。

SSLというのは、《secure sockets layer
インターネットで、暗号化したデータを送受信するための
仕組み。第三者期間が発行した電子証明書を使って、
個人情報が漏えいすることを防ぐなど安全性を高めて
います。

レンタルサーバーの会社が提供している無料SSLを導入し、
サイトのURLをhttpsに変更し、サイト内のリンクのアドレス
を変更しました。

無料使用請求や無料レポートのDLの請求フォームは
元々SSL保護機能のサイトへリンクさせているので、
特に変更する必要ありませんでした。

ネットワークビジネスをインターネットだけで活動
するためには、信用が第一です。
怪しいサイトと思われないように、早めにSSL対応
しておきましょう。