インターネットを利用してネットワークビジネス活動で、Google Search Consoleから時々お知らせメールが届きます。

最近「Mobile-first indexing enabled for ●●」(●●はURL)というメールが届きました。これは、モバイル ファースト インデックスへ移行したサイトにGoogleからの通知メです。


モバイルファーストインデックスとは?

モバイルファーストインデックス(Mobile First Index)以下、略してMFIとは、Googleの検索エンジンが、パソコンサイトではなくスマホ(モバイル)サイトをページ評価の基準としてインデックスするという意味です。

すでに2015年3月に、Googleは今後MFIに移行すると公表していたので、私も運営サイトのリニュアルは済ませています。が、2018年3月27日にGoogle ウェブマスター向け公式ブログにおいて、正式にMFIの開始が発表されました。早めに対応しておいて、本当に助かりました。

ご自分のサイトがモバイルフレンドリー対応しているかどうかは、以下のページで判定できます。

なぜGoogleはMFIに変更したのか?

スマートフォンやタブレットを所有している人は年々増えています。2015年にGoogleはモバイル検索の割合が過半数を突破したと発表しました。PCから検索している人よりスマホやタブレットから検索している人のほうが多いということです。

確かにPCは主に室内で利用され、起動させるにも時間がかります。 操作するには、ディスプレイに向かうために、椅子に座ったり、テーブルにPCを置いたりしないと長時間利用できません。

対して、スマホはいつでも、どこでも手軽に利用できます。 電車やバスなど乗り物の待ち時間などちょっと時間が空いた時、旅先などでレストランなどを探すなど利用の幅が広いです。

PC検索よりスマホ検索の方がはるかに利便性が高く、シチュエーションも限定されないので検索利用回数が多いのも無理ありません。

今後のPC利用について

私もPCは2000年から、タブレットは2012年から利用していますが、タブレットの方が手軽でどこででも、すぐに利用できるので、普段の検索や簡単なメールなどはタブレット利用することが多いです。

スマホも最近使い始めましたが、タブレットより軽いし持ち運びには便利ですね。今後、検索やメールチェック、SNSの投稿はスマホがメインになりそうです。

半面、インターネットを利用してネットワークビジネス活動をするには、PCも不可欠だと思います。サイトを立ち上げる時の作業や、複数の画面を同時に立ち上げて比較してサイトの記事を書く時には、画面が大きく、キーボードが打ちやすいPCの方が作業の効率がいいと思います。

なにより、机に座ってPCと向き合っている時の方が集中できるでしょう。あなたはスマホだけでビジネスできると思いますか?