自分のサイトをつくったら、Googleウェブマスターツール
登録して、サイトマップを送信します。

どうして、そんな面倒なことが必要なのか?

と、思われるかもしれませんが、Googleの検索エンジンに
自分のサイトのページを確実にインデックスしてもらうためです。


Googleウェブマスターツール内にもサイトマップについて説明があります。

サイトマップは、検出が難しいサイトのページの情報を Google に提供する手段です。
XML サイトマップ(通常は「サイトマップ」と呼ばれます)は、簡単に言うと、
ウェブサイト上にあるページのリストのことです。

サイトマップを作成して送信する と、Google の通常のクロール処理では検出できない
可能性のある URL を含むサイト上のすべてのページを
 Google に知らせることができます。


さて、このサイトマップですが、自分で作成するのは結構大変です。
が、無料で自動作成してくれるツールがあります。

私もこちらを使っています。

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」


ここで、作成したサイトマップをダウンロードして、自分のサイトのサーバーにアップします。

その後、Googleウェブマスターツールにログインして、サイトマップの送信します。
こちらの説明、ウェブマスターツールの画面が変更されています。

1 ログイン後、該当のサイトを選択します。
2 左サイトにあるメニューから、「クロール」を選びその中の
  「サイトマップ」をクリックします。
3 画面右上の赤いサイトマップの追加/テストをクリックします。
4 sitemap.xmlがアップロードされている場所を入力します。
  たとえばこのサイトの場合 
      https://mlm-seminar.net/   の後ろの窓にsitemap.xml を入力

5 サイトマップを送信をクリックします。
6 送信完了画面の上部、
  サイトマップを送信しました。ページを更新する。をクリックします。



私もPCに特に詳しい方ではありませんが、
ネットワークビジネスをインターネットで展開するには自分で色々と勉強しました。

幸い、ホームページ作成講座でサーバーにファイルをアップロードする方法を習っていたので
いや、正確にはこの講座で習う前に自分でネット検索して、日本の無料ホームページに
申し込み、FTPソフトをダウンロードして、サーバーにアップする方法を調べました。

このサイトマップをサーバーにアップロードする必要があります。
次回はちょっと初心者向けに、サーバーにファイルをアップする方法をお伝えします。